無料見積もりを利用した際に気になった2つの点

2社の引っ越し業者に無料見積もり

 

私は今年の3月に会社の人事異動の関係で引っ越しをしました。その際に2社の引っ越し業者に無料見積もりをお願いしたのですが、そのうちの1社の対応が非常に気になるものだったのでご紹介したいと思います。

 

引っ越し業界の方にぜひ注意というか気にしておいていただきたい内容になっています。

 

演技バレバレの価格交渉

 

まず無料見積もりに来てくださって最初にある程度の金額を提示してくださったのですが、私は相場をあまり知らなかったので正直に「もう少し安くならないですかねぇ」と聞いてみました。するとその方も少し悩んでいるような風を装いながら「うーん、じゃぁ我々としてもできる限り頑張らせていただきましょう」と言って「人件費が・・・高速道路代が・・・」とブツブツ言いながら電卓を打ち始めたのです。

 

しかしその手元をチラッと見てみると電卓の「1・5・8」の3つの数字を繰り返し押してたまに「AC」のボタンで0にしているだけでした。私も過去に営業をやっていた経験がありますので、上司から事前に「〜円までなら下げていいよ」などと言い含められておいて、お客様の要望に合わせて「じゃぁ今回だけは〜円でやらせてもらいますけど次回はお願いしますよ!」などとサービスを装おうケースがあるのは分かっているつもりです。しかしそれにしてもその方の場合はもう少しうまくごまかすというかばれにくい方法は無かったのかなぁと思ってしまいました。

 

しつこいほどの粘り

 

そして前述した方はしつこいほど粘ってきたのです。私は今回は最低限2社の見積もりを取ってから決めるので即決はしません、と初めに言っておいたのですが、「〜円ならウチに決めてくださいますか」「何時から次の見積もりが来るんですか」「ウチと迷ってるのはどこの業者ですか」「次の見積もりの人にもう○○で決めちゃいましたから結構ですよ、って電話しましょうよ」などと、執拗に他の引っ越し業者の見積もりを受けさせずに自分のところで決めさせようとしてきました。それぐらいのガッツで攻めてくるのは営業としてはおそらく必要な姿勢なのでしょうが、何度も何度もぜひウチで、という姿勢を前面に出されると少し辟易してしまいます。

 

もしこれら2つの内容に心当たりのある業者の方がいらっしゃいましたら、もう少しマイルドな姿勢での見積もりをお願いできたらなと思っております。