引っ越し業者は大手のほうが安心かどうか

一戸建てに引っ越しする時に5万円以下で収めました

 

やはりアパートからアパートへ引っ越すのではなく、新築一戸建てとなるとキズ1つつけられたくないという思いがあるため、大手に頼んで完全梱包で行くべきか悩みました。

 

しかし見積もりをとってみると10万円超えしました。

 

引っ越し業者で一括見積もりというものでやってみたところ、やはり地元の小さい聞いたことのない業者のほうが安くなります。

 

ただ、どんな人が来るのかマナーはどうなのかとか雑な運び方ではないかとか神経質な人には向いてないかもしれないですが、安心よりも予算を取ってしまったので名もない業者にしました。

 

それに実際電話で担当者と話したところとても感じのいい人で一生懸命な雰囲気がしたのでその業者に決めたのも理由の一つです。

 

大物家具は運賃が高い

 

見積もりをするときに何をどれだけ持っていくかという選択がありますが、やはり大きなものを含むとそれだけ額はどんと上がります。

 

うちは最初マットレスや食器棚・ソファなども一戸建てに運ぼうかと考えていました。

 

しかしそうすると倍くらい値段が上がるので、そこまでお金をかけて運んで何万も取られるなら処分して新しいのを買ったほうがいいような気がするという答えになり、自分では運べなそうな電化製品を中心に運んでもらい、あとはタンスとか机とかの家具類をお願いしました。

 

あとは細かいものをダンボールに自分で詰めてそれを運んでもらいました。

 

自分で運べるものは極力運びました。

 

引っ越し代はそのままで処分代をサービス

 

引っ越しする上で荷物を運ぶのも大変ですが、大物類をどのように処分するのかというのも悩みの種です。

 

エアコンなども運ばずに処分することにして、マットレス食器棚ソファを処分だけで頼んだらたぶんかなりお金がかかると思います。

 

その引っ越し業者は大物家具の処分も引き受けていたので、お願いするからいらないものを処分してほしいと頼んでみました。

 

そのかわり他の人はあまり引っ越しをしないと思われる彼岸の日にしました。

 

一般的にはあまりそういう日には引っ越しをしないようなので。

 

予算と縁起でも予算を取ってしまいました。

 

実際にやってきた引っ越し業者は大人2名で夫が手伝ってようやく成立という感じもありましたし、ボロの2トントラックでしたので値切った結果だと思います。

 

でも家に傷がつくこともなく感じのよい作業員さんでしたので、よかったです。

 

たまたまの可能性もありますが、お金を安くあげることができて助かりました。