女性ひとりの引っ越しをスムーズに行う5つのポイント

女性ひとりの引っ越しはなかなか大変

 

女性ひとりの引っ越しはなかなか大変もの。できれば無理なく楽に引っ越しを済ませたいですよね。スムーズに行うために余裕をもった段取りが大切。女性のひとりでの引っ越しのときのポイントをご紹介します。

 

引っ越しに必要な準備を貸してくれる業者に頼もう

 

引っ越し業者によっては、無料で荷造りのときに使用する段ボールやガムテープ、衣裳ハンガーなどを貸し出してくれるところもあります。見積もりの段階で、引っ越しに必要な準備を貸し出してくれるのかを確認することがおすすめ。

 

大きな段ボールを用意するのは女性ひとりではなかなか大変です。希望すれば、家まで引っ越し道具を配送してくれる業者もありますよ。

 

引っ越しの荷造りは余裕をもって

 

料金を抑えて引っ越しをする場合は、自分で梱包をしなければいけない場合がほとんどです。特に女性は服や靴、カバン、化粧品、食器など、割れ物や大事なものの荷物も多いですよね。梱包は少しずつ余裕をもって進めていくことがおすすめです。

 

いらない雑誌は使えるからとっておいて

 

女性の荷物で多いのは、読み終わっていらなくなった雑誌。引っ越しの機会にすべて捨ててしまうのはちょっと待って。雑誌は食器類や、化粧品の瓶など、割れ物を梱包するときにとても便利です。何枚かちぎって巻くだけで、破損防止に。安全に箱詰めができます。

 

引っ越し当日までに軽く床掃除を

 

女性の部屋は荷物やインテリア家具などが多いと、埃や抜けてしまった髪の毛が溜まってしまいがち。

 

いざ引っ越し当日、大きな家具を業者に梱包してもらうとき、運び出してもらうときなど、埃や髪の毛がびっくりするほど出てきて恥ずかしい思いをすることに。

 

梱包中のソファなどに埃がつかないためにも、引っ越し日当日までに軽く床掃除をすることをおすすめします。ソファやベッド下、テレビ裏など、埃が溜まりやすいところを掃除して。

 

転居先での荷ほどきも手伝ってくれる業者だと楽ちん

 

見積りを出す時点で、転居先の荷解きも請け負ってくれるのかを確認することがおすすめです。料金も業者によってさまざま。また業者によっては、荷解きは女性スタッフが手伝ってくれるところもあります。プライベートな荷物だからこそ、心配な方は女性スタッフがいるか確認してみて。